見やすいカタカナ新語辞典・第4版

2年ぶりの改訂となる三省堂『見やすいカタカナ新語辞典』の第4版が発売です。私は今回も項目選定やコラムなどを担当しました。語数の増加分は差し引き300語ですが、実は1000語超を入れ替える大変な作業でした。それだけ、社会の動きが激しいということかもしれませんね。くわしくは三省...

現代用語の基礎知識別冊 3.11から10年の日本列島

『現代用語の基礎知識別冊 3.11から10年の日本列島』が販売中です(発売日:2021年2月16日)。各分野の最近10年を当時の原稿でコンパクトに振り返る内容。私の担当する『流行観測欄』からも過去原稿を掲載していただきました。自由国民社のサイトで一部試し読みできます。10年...

現代用語の基礎知識・2021年版

2020年11月5日発売の「現代用語の基礎知識・2021年版」で「流行観測」欄を担当しました(巻末の「補遺」も1ページ執筆しています)。気がつけば、今年で12回目の執筆です。なお2021年版は(自分の原稿も含めて)「ほぼ一冊まるごとコロナ特集」といえるような内容になっており...

コンサイスカタカナ語辞典 第5版

三省堂「コンサイスカタカナ語辞典 第5版」が販売になります(8/25書店搬入)。私は「新語関係の原稿執筆と校閲」という立場で参加させていただきました。ありがたいことに、冒頭にはクレジットも入れていただきました。 この辞書は1972年刊行の「コンサイス外来語辞典」をルーツとす...

オルタナ・ウェブ版の記事一覧(随時更新)

雑誌「オルタナ」のキーワード解説コーナー「ALTキーワード」は、ウェブ上でも月イチで展開中です(オルタナのウェブサイトと、Yahoo!にて掲載)。以下に、公開記事を一覧でまとめました。このページは随時更新します。なお一覧はオルタナの著者ポータルでも確認できます。...

現代用語の基礎知識 増刊NEWS版

滅茶苦茶お知らせが遅れてしまいましたが告知です。自由国民社『現代用語の基礎知識 増刊NEWS版』(2020年5月11日)にて、「新型コロナと社会的影響」と題する実質3ページ強のコラムを執筆しました。コロナ関連の注目語を網羅する目的のコラムです。...

日経doors「新語は社会の鏡 ハッシュタグが教えてくれる女性の今」

2019年12月26日、女性向けサイト『日経doors』に執筆記事が公開されました。この一年で話題になった女性関連の新語・流行語を「アプリ」「アジア」「社会運動」という3つの切り口で振り返る記事です。なお全文を閲覧するには無料登録(日経IDの登録)が必要となりますのでご了承...

雑誌『オルタナ』59号

雑誌『オルタナ』59号が発売中です。目次下でひっそり連載中の小欄では「環境エンリッチメント」と「アニマルポリス」の2語を取り上げました。

J-Wave『GOLD RUSH』CURIOUSCOPE(2019年11月29日)

アンジャッシュ・渡部建さんがナビゲーターを務めるJ-Wave(FM 81.3MHz)の番組『GOLD RUSH』にゲスト出演します。出演コーナーは「CURIOUSCOPE(キュリオスコープ)」(16時40分〜16時55分の予定)。毎年恒例の新語・流行語大賞の予想です。なんと...

ALTキーワード「EUタクソノミー」(オルタナ・Web版)

雑誌『オルタナ』(環境・CSRの専門誌)のウェブ版でも担当コーナーが始まりました。初回のキーワードは「EUタクソノミー」です。専門知識を前提とする文章でとっつきにくいですが(紙面と連動するため字数制限がある)、この分野に興味のある方は覗いてみてください。

現代用語の基礎知識2020

毎年、参加させて頂いている『現代用語の基礎知識』の2020年版が、2019年11月7日に店頭販売となりました。今年も「流行観測」欄を担当したほか、巻末の補遺にて「台風15号・19号」の話題も簡単にまとめまております。流行観測欄はページ数を増量。例年より多めの項目を執筆するこ...

『オルタナ』58号

環境とCSRの情報誌『オルタナ』の58号が発売中。目次の下でひっそり連載中の小欄では「SDGs債」「地域循環共生圏」の2語を解説しました。全体特集「SDGs時代の地域金融」に連動した用語解説です。

大辞林・第四版

私も微力ながらご協力させて頂いている、三省堂の辞書『大辞林』の第4版が販売されております(9/5、税抜9000円)。書籍版を購入すると、追加料金なしでアプリからの検索も可能に。このほかサードパーティーのアプリ「辞書by物書堂」経由で電子版のみを入手する方法もあります(こちら...

見やすいカタカナ新語辞典・第3版

2年ぶりの改訂版『見やすいカタカナ新語辞典・第3版』が発売です。アップデート欄(その言葉の周辺情報欄)を拡充したほか、巻頭には「ここ最近のカタカナ語事情」と題した署名コラムも掲載していただきました。また採録語の選定にも関わっております。どうかご高覧のほど。...

かわいいかよ(新聞記事コメント)

朝日新聞の記事でコメントさせて頂きました。最近よく聞く「かわいいかよ」(疑問・反語ではなく肯定の○○かよ)についての分析です。紙面は2019年8月10日版にて。同日ウェブ版(要会員登録)も公開されております。 2019/09/25追記:...

現代用語の基礎知識・平成編

『現代用語の基礎知識・平成編』(発売日2019年5月.31日)が書店に並んでおります。平成時代の同誌の抜粋・再掲です。私は2010年版の「流行観測」欄を丸ごと再掲して頂きました。また個別のキーワード解説のなかにも、自分が担当した記事がひょっこり登場したりもします。

公式サイトをはじめました

公式サイト「言葉と社会の交差点」を公開しました。3ページ(プロフィール、実績、お問い合わせ)だけのシンプルな内容ですが、告知などをブログ部分に順次掲載する予定にしております。 なお旧ブログ「言葉観光」は順次閉鎖する方向で作業を進めております。悪しからずご了承ください。