検索
  • もり・ひろし

コンサイスカタカナ語辞典 第5版

三省堂「コンサイスカタカナ語辞典 第5版」が販売になります(8/25書店搬入)。私は「新語関係の原稿執筆と校閲」という立場で参加させていただきました。ありがたいことに、冒頭にはクレジットも入れていただきました。


この辞書は1972年刊行の「コンサイス外来語辞典」をルーツとする、歴史あるカタカナ語辞典です。1992年に「コンサイスカタカナ語辞典」と名を変えて以降5回目の改訂になりました。平均的な改定周期が約5年だった中、今回の改訂はなんと10年ぶりとのことです。


個人的には今年前半の時間を(緊急事態宣言中も含め)ほぼ本書関連の作業に費やしたこともあり、ずいぶん思い出深い仕事となりました。この時期に突如増えたコロナ関係の新語についても、積極的に盛り込んだつもりです。書店でお見かけの際は覗いてみてください。


三省堂の案内ページはこちら(冒頭をPDFで見られます)。またアマゾンの案内ページはこちらです。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

オルタナ・ウェブ版の記事一覧(随時更新)

雑誌「オルタナ」のキーワード解説コーナー「ALTキーワード」は、ウェブ上でも月イチで展開中です。以下に、公開記事を一覧でまとめました。このページは随時更新します。 コロナ禍で、世界の貧困「増加」に転じる(極度の貧困)2020/11/06 多様性と包摂性(D&I)の先にある新概念(ビロンギング)2020/10/06 環境劣化の「低減」ではなく「逆行」を目指す新概念(リジェネレーション)2020/8/

 

©2019 mori-hiroshi

  • Twitter